【8ステップでがんばる】さくらレンタルサーバーでWordPressサイト立ち上げ

対象となる人

さくらレンタルサーバーのスタンダードプランの契約をしている人。FTPサーバーへアクセスが出来る人。

とりあえず独自ドメインの取得からWordPressサイトを解説まで、下記のステップで進めていきます。

  1. ドメイン取得
  2. FTPサーバで対象のドメインのフォルダを作成
  3. ドメインを管理画面に加する
  4. WordPress 用データベース作成
  5. WordPress インストール用フォルダを作成
  6. WordPress をインストール
  7. index.php と .htaccess の設定
  8. サイトアドレスの設定

8ステップもあって初めてだと少し大変かもしれませんがなるべく分かりやすい様に画像もたくさんつけているので1つずつやっていきましょう。

今回はみなさんが見ているこのサイト「notemite.com」の立ち上げを例として進めていきます。

1. ドメイン取得

まずはドメインを取得します。ドメインとは「〇〇.com」や「〇〇.co.jp」など、ウェブサイトの住所のようなものです。このステップで自分のウェブサイトの住所を取得しましょう。

さくらレンタルサーバー管理画面 > ドメイン/SSL > 独自ドメイン申し込みをクリック。遷移先のページで新規追加をクリックすると、下の画像の様にドメイン検索画面が表示されます。

もしくは下記リンクで直接ドメイン検索画面へ飛べます。

https://secure.sakura.ad.jp/order/domain/

この画面で自分が使いたいドメイン名を検索します。「notemite」で検索すると、notemite.jp や notemite.com、notemite.org など、検索した文字列が含まれるドメイン名が表示されます。好みのものがあったら「申し込む」をクリックして手続きを進めます。

支払い方法を選択して進みます。私はクレジットカードを選択しました。

「この内容で申し込む」をクリックすると申し込みが送信されます。

申し込みを送信したら下記リンクから管理画面へ戻ります。

https://secure.sakura.ad.jp/menu/top/

「ドメインの確認」をクリックすると契約しているドメインが表示されます。

ドメイン申請後、契約ドメイン画面で有効期限が「新規申込中」となりますが、私の場合は10分ぐらいで下の画像の様に有効期限が表示され使用可能になりました。

上記の様な表示になったらドメインの取得は完了です。次は FTP サーバ上でこのドメインのフォルダを作ります。

  1. ドメイン取得 - 完了!
  2. FTPサーバで対象のドメインのフォルダを作成 - Next!
  3. ドメインを管理画面に追加する
  4. WordPress 用データベース作成
  5. WordPress インストール用フォルダを作成
  6. WordPress をインストール
  7. index.php と .htaccess の設定
  8. サイトアドレスの設定

2. FTPサーバで対象のドメインのフォルダを作成

FTPサーバでドメインのディレクトリ(フォルダ)を作成します。FTPサーバーの「www」フォルダにアクセスします。

*今回は notemite.com のドメインを例として進めていきますので、既に取得している別のドメインのフォルダは黒塗りで隠しています。

使っているツールによって画面が違いますが、私が使っている Cyberduck ではこんな感じ。画面上部に /home/〇〇〇/www とある通り、FTP サーバーの「www」フォルダの中を表示している状態です。

今回はドメイン名そのままで「notemite」というフォルダを作成します。

「www」フォルダの中に「notemite」フォルダが作成されました。これでこのステップは完了です。

  1. ドメイン取得 - 完了!
  2. FTPサーバで対象のドメインのフォルダを作成 - 完了!
  3. ドメインを管理画面に追加する - Next!
  4. WordPress 用データベース作成
  5. WordPress インストール用フォルダを作成
  6. WordPress をインストール
  7. index.php と .htaccess の設定
  8. サイトアドレスの設定

3. ドメインを管理画面に追加する

このステップでは、取得したドメインをさくらレンタルサーバーの管理画面上で登録します。

さくらレンタルサーバー管理画面 > ドメイン/SSL > ドメイン新規追加クリック

「Step2.ドメインの追加」の部分で対象のドメインを選択します。

「追加」ボタンをクリックすると、ドメインリストの中に取得したドメイン名が表示されます。

追加したドメインの「設定」ボタンをクリックします。

「マルチドメインとして利用する」を選択し、「Web公開フォルダ」では先ほどFTPサーバー上で作ったフォルダのパスを入力します。

「保存する」ボタンをクリックしてこのステップは完了です。

  1. ドメイン取得 - 完了!
  2. FTPサーバで対象のドメインのフォルダを作成 - 完了!
  3. ドメインを管理画面に追加する - 完了!
  4. WordPress 用データベース作成 - Next!
  5. WordPress インストール用フォルダを作成
  6. WordPress をインストール
  7. index.php と .htaccess の設定
  8. サイトアドレスの設定

4. WordPress 用データベース新規作成

WordPress サイト上で作成したブログ記事やコメント、その他様々な設定は全てデータベースに保存されます。このステップではそのデータベースを作成します。

さくらレンタルサーバのコントロールパネル > データベース > 新規追加

好みのデータベース名を入力し「作成」をクリックします。

表示されるデータベースホスト(データベースサーバ)、ユーザー名、接続先パスワード、データベース名を後で使うのでメモしておきます。

WordPress に使用するデータベースが作成されました。これでこのステップは完了です。

  1. ドメイン取得 - 完了!
  2. FTPサーバで対象のドメインのフォルダを作成 - 完了!
  3. ドメインを管理画面に追加する - 完了!
  4. WordPress 用データベース作成 - 完了!
  5. WordPress インストール用フォルダを作成 - Next!
  6. WordPress をインストール
  7. index.php と .htaccess の設定
  8. サイトアドレスの設定

5. WordPress インストール用のフォルダを作る

さて、もうすぐ WordPress のインストールですが、その前にまた FTP サーバに戻って、先ほど作成した「notemite」フォルダ(皆さんはそれぞれ任意のフォルダ)の中にさらに WordPress 用のフォルダを作成します。

ディレクトリ内にWordpress専用のディレクトリ(フォルダを作成)(/wp/)を作成

ここでは好きなフォルダ名を付けていただいて大丈夫ですが、わかりやすく「wp」としておきます。

これで「notemite」フォルダの中に「wp」フォルダが作成されました。次のステップでこのフォルダの中に WordPress の全てがインストールされます。

  1. ドメイン取得 - 完了!
  2. FTPサーバで対象のドメインのフォルダを作成 - 完了!
  3. ドメインを管理画面に追加する - 完了!
  4. WordPress 用データベース作成 - 完了!
  5. WordPress インストール用フォルダを作成 - 完了!
  6. WordPress をインストール - Next!
  7. index.php と .htaccess の設定
  8. サイトアドレスの設定

6. WordPressインストール

  • SAKURAのレンタルサーバコントロールパネル > WordPressインストール
  • インストールURL設定
  • 利用データベースで先ほど作ったデータベースを選択
  • テーブルの接続語は自動生成される物をそのまま使用
  • 同意して作成をクリック

「インストールURL」の部分で、WordPress をインストールする場所を指定します。今回、notemite.com の配下に「wp」フォルダを用意しています。なので下記の様に指定します。「インストール先ディレクトリ」が FTP サーバー上のフォルダと一致しています。

「テーブルの接頭語」は正直なんでも大丈夫ですが、立ち上げるサイトに関係ある言葉だとわかりやすいと思います。後でもう一度出てくるのでメモしておきましょう。

データベース名、ユーザー名、パスワード、ホスト名、テーブル接頭辞を入力します。

先ほどさくらレンタルサーバの管理画面でデータベースを作成した時のものを入力します。

次にサイトのタイトル、そしてユーザー名とパスワード、メールアドレスを入力します。「検索エンジンでの表示」のチェックマークは入れずに「WordPressをインストール」をクリックします。

おつかれさまでした。これでWordPressサイトの立ち上げは完了です。

  1. ドメイン取得 - 完了!
  2. FTPサーバで対象のドメインのフォルダを作成 - 完了!
  3. ドメインを管理画面に追加する - 完了!
  4. WordPress 用データベース作成 - 完了!
  5. WordPress インストール用フォルダを作成 - 完了!
  6. WordPress をインストール - 完了!
  7. index.php と .htaccess の設定 - Next!
  8. サイトアドレスの設定

7. index.php と .htaccess の設定

FTPサーバーの WordPress 用フォルダ(今回は「wp」フォルダ)にある index.php と .htaccess ファイルを、サイトのルートディレクトリ(「サイトのアドレス」)へコピーします。

移動ではなくあくまでコピーなので注意してください。

ファイルをコピーできたら、ドメインフォルダの index.php ファイルを開きます。

require から始まり '/wp-blog-header.php'; で終わる文があるので次の修正を行ないます。

Before

After

WordPress 用に作ったフォルダ名「wp」を記述しました。

次は同じドメインフォルダの .htaccess ファイルを開きます。

「RewriteBase」と「RewriteRule」のところに「wp」フォルダの記述があるので削除します。

Before

↑の赤線の部分を削除します。

After

「wp」フォルダの部分を削除して保存したら .htaccess の設定も完了です。

  1. ドメイン取得 - 完了!
  2. FTPサーバで対象のドメインのフォルダを作成 - 完了!
  3. ドメインを管理画面に追加する - 完了!
  4. WordPress 用データベース作成 - 完了!
  5. WordPress インストール用フォルダを作成 - 完了!
  6. WordPress をインストール - 完了!
  7. index.php と .htaccess の設定 - 完了!
  8. サイトアドレスの設定 - Next!

8. サイトアドレスの設定

WordPress > 設定 > 一般設定 > サイトアドレス(URL)をから専用ディレクトリの箇所を消す

上の画像の様に「サイトアドレス(URL)」の部分が WordPress 用フォルダを含んだURLになっていると思いますが、これを削除します。

これでOK。「WordPress アドレス(URL)」の方は触らなくて大丈夫です。

「変更を保存」をクリックでこのステップも完了。お疲れ様でした!

この作業の後で必ず一度 WordPress からログアウトし再度ログインしてください。
私はこれをしなかったせいで設定が完全に反映されず、記事の投稿が上手くできない状態が半日続きました。。。

  1. ドメイン取得 - 完了!
  2. FTPサーバで対象のドメインのフォルダを作成 - 完了!
  3. ドメインを管理画面に追加する - 完了!
  4. WordPress 用データベース作成 - 完了!
  5. WordPress インストール用フォルダを作成 - 完了!
  6. WordPress をインストール - 完了!
  7. index.php と .htaccess の設定 - 完了!
  8. サイトアドレスの設定 - 完了!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です