Homebrew を Macbook Pro へインストール

Homebrew を Macbook へインストールする際のステップです。

OS:Mac OS Catalina バージョン 10.15.4

Homebrew 公式サイトでインストール用スクリプトをコピー&ターミナルへペースト

Homebrew の公式サイトへアクセス。

トップページに表示されているコードをコピーし、ターミナルへペースト&「Enter」
*コードは 2020 年 5 月時点のものです。

~ % /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

インストールがスタート

するとまず下記の通りインストール時に何が起こるかの説明が表示されます。

==> This script will install:
/usr/local/bin/brew
/usr/local/share/doc/homebrew
/usr/local/share/man/man1/brew.1
/usr/local/share/zsh/site-functions/_brew
/usr/local/etc/bash_completion.d/brew
/usr/local/Homebrew
==> The following existing directories will be made group writable:
/usr/local/bin
/usr/local/lib
/usr/local/share
==> The following existing directories will have their owner set to *****:
/usr/local/bin
/usr/local/lib
/usr/local/share
==> The following existing directories will have their group set to admin:
/usr/local/bin
/usr/local/share
==> The following new directories will be created:
/usr/local/etc
/usr/local/include
/usr/local/sbin
/usr/local/var
/usr/local/opt
/usr/local/share/zsh
/usr/local/share/zsh/site-functions
/usr/local/var/homebrew
/usr/local/var/homebrew/linked
/usr/local/Cellar
/usr/local/Caskroom
/usr/local/Homebrew
/usr/local/Frameworks
==> The Xcode Command Line Tools will be installed.

Press RETURN to continue or any other key to abort

そのままリターンキーを叩くとパスワード確認後インストールへ。他のキーを叩くと切断されます。ということでリターンキーをポチ。

==> /usr/bin/sudo /bin/chmod u+rwx /usr/local/bin /usr/local/lib /usr/local/share
==> /usr/bin/sudo /bin/chmod g+rwx /usr/local/bin /usr/local/lib /usr/local/share
==> /usr/bin/sudo /usr/sbin/chown ***** /usr/local/bin /usr/local/lib /usr/local/share
==> /usr/bin/sudo /usr/bin/chgrp admin /usr/local/bin /usr/local/share
==> /usr/bin/sudo /bin/mkdir -p /usr/local/etc /usr/local/include /usr/local/sbin /usr/local/var /usr/local/opt /usr/local/share/zsh /usr/local/share/zsh/site-functions /usr/local/var/homebrew /usr/local/var/homebrew/linked /usr/local/Cellar /usr/local/Caskroom /usr/local/Homebrew /usr/local/Frameworks
==> /usr/bin/sudo /bin/chmod g+rwx /usr/local/etc /usr/local/include /usr/local/sbin /usr/local/var /usr/local/opt /usr/local/share/zsh /usr/local/share/zsh/site-functions /usr/local/var/homebrew /usr/local/var/homebrew/linked /usr/local/Cellar /usr/local/Caskroom /usr/local/Homebrew /usr/local/Frameworks
==> /usr/bin/sudo /usr/sbin/chown ***** /usr/local/etc /usr/local/include /usr/local/sbin /usr/local/var /usr/local/opt /usr/local/share/zsh /usr/local/share/zsh/site-functions /usr/local/var/homebrew /usr/local/var/homebrew/linked /usr/local/Cellar /usr/local/Caskroom /usr/local/Homebrew /usr/local/Frameworks
==> /usr/bin/sudo /usr/bin/chgrp admin /usr/local/etc /usr/local/include /usr/local/sbin /usr/local/var /usr/local/opt /usr/local/share/zsh /usr/local/share/zsh/site-functions /usr/local/var/homebrew /usr/local/var/homebrew/linked /usr/local/Cellar /usr/local/Caskroom /usr/local/Homebrew /usr/local/Frameworks
==> /usr/bin/sudo /bin/mkdir -p /Users/*****/Library/Caches/Homebrew
==> /usr/bin/sudo /bin/chmod g+rwx /Users/*****/Library/Caches/Homebrew
==> /usr/bin/sudo /usr/sbin/chown ***** /Users/*****/Library/Caches/Homebrew
==> Searching online for the Command Line Tools
==> /usr/bin/sudo /usr/bin/touch /tmp/.com.apple.dt.CommandLineTools.installondemand.in-progress
==> Installing Command Line Tools for Xcode-11.5
==> /usr/bin/sudo /usr/sbin/softwareupdate -i Command\ Line\ Tools\ for\ Xcode-11.5
Software Update Tool


Downloading Command Line Tools for Xcode

上記の最後の行、「Xcode 用のコマンドラインツールをダウンロードしています」で一旦止まりますがそのまま待ちます。

その後下記の様な表示がされます。

Downloading Command Line Tools for Xcode
Downloaded Command Line Tools for Xcode
Installing Command Line Tools for Xcode
Done with Command Line Tools for Xcode
Done.
==> /usr/bin/sudo /bin/rm -f /tmp/.com.apple.dt.CommandLineTools.installondemand.in-progress
Password:

Xcode 用 コマンドラインツールのダウンロード&インストールの完了、そしてパスワードを再度求められます。

パスワードを入力すると再度処理が始まりズラズラっとターミナル上に表出されていきます。

「==> Installation successful!」と表示されてインストール完了

Password:
==> /usr/bin/sudo /usr/bin/xcode-select --switch /Library/Developer/CommandLineTools
==> Downloading and installing Homebrew...
remote: Enumerating objects: 68, done.
remote: Counting objects: 100% (68/68), done.
remote: Compressing objects: 100% (64/64), done.
remote: Total 137483 (delta 5), reused 55 (delta 4), pack-reused 137415
Receiving objects: 100% (137483/137483), 33.39 MiB | 346.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (101071/101071), done.
From https://github.com/Homebrew/brew
 * [new branch]      master     -> origin/master
 * [new tag]         2.3.0      -> 2.3.0
〜一部省略〜
 * [new tag]             2.2.9      -> 2.2.9
HEAD is now at 77e09fc16 Merge pull request #7661 from MikeMcQuaid/man-url-install
==> Homebrew is run entirely by unpaid volunteers. Please consider donating:
  https://github.com/Homebrew/brew#donations
==> Tapping homebrew/core
Cloning into '/usr/local/Homebrew/Library/Taps/homebrew/homebrew-core'...
remote: Enumerating objects: 726765, done.
remote: Total 726765 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 726765
Receiving objects: 100% (726765/726765), 294.50 MiB | 324.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (480049/480049), done.
Tapped 2 commands and 5029 formulae (5,298 files, 322.8MB).
Already up-to-date.
==> Installation successful!

==> Homebrew has enabled anonymous aggregate formulae and cask analytics.
Read the analytics documentation (and how to opt-out) here:
  https://docs.brew.sh/Analytics
No analytics data has been sent yet (or will be during this `install` run).

==> Homebrew is run entirely by unpaid volunteers. Please consider donating:
  https://github.com/Homebrew/brew#donations

==> Next steps:
- Run `brew help` to get started
- Further documentation: 
    https://docs.brew.sh
~ % 

上記の中盤過ぎに「==> Installation successful!」と表示が出ているので問題なく処理が完了した様です。

「ターミナルで brew help と入力すればいくつか情報が得られるし、https://docs.brew.sh にもより詳細な情報があるよ」とのこと。ちなみに「brew help」を実行すると下記の内容が表示されます。

~ % brew help
Example usage:
  brew search [TEXT|/REGEX/]
  brew info [FORMULA...]
  brew install FORMULA...
  brew update
  brew upgrade [FORMULA...]
  brew uninstall FORMULA...
  brew list [FORMULA...]

Troubleshooting:
  brew config
  brew doctor
  brew install --verbose --debug FORMULA

Contributing:
  brew create [URL [--no-fetch]]
  brew edit [FORMULA...]

Further help:
  brew commands
  brew help [COMMAND]
  man brew
  https://docs.brew.sh

いまいちよく分からないですね!ひとまず一旦無視して追々必要に応じて調べていこうと思います。

「brew --version」で最終確認

ターミナルに「brew --version」と入力して Enter。ちゃんとどのバージョンがインストールされているか表示されています。ということでインストールはOKです。

~ % brew --version
Homebrew 2.3.0
Homebrew/homebrew-core (git revision 2adae5; last commit 2020-05-30)
~ % 

【Mac】Python の Beautifulsoup4 をインストールする方法

Mac で Python の Beautifulsoup4 をインストールする方法を記載します。

環境

OS: macOS Catalina バージョン 10.15.4
Python: Python 3.8.3

pip3 install beautifulsoup4 でインストール

ターミナルを立ち上げてコマンド「pip3 install beautifulsoup4」と入力し、Enter。

~ % pip3 install beautifulsoup4

すると下記の様なログが書き出されます。

 ~ % pip3 install beautifulsoup4
Collecting beautifulsoup4
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/66/25/ff030e2437265616a1e9b25ccc864e0371a0bc3adb7c5a404fd661c6f4f6/beautifulsoup4-4.9.1-py3-none-any.whl (115kB)
     |████████████████████████████████| 122kB 635kB/s 
Collecting soupsieve>1.2 (from beautifulsoup4)
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/6f/8f/457f4a5390eeae1cc3aeab89deb7724c965be841ffca6cfca9197482e470/soupsieve-2.0.1-py3-none-any.whl
Installing collected packages: soupsieve, beautifulsoup4
Successfully installed beautifulsoup4-4.9.1 soupsieve-2.0.1
WARNING: You are using pip version 19.2.3, however version 20.1 is available.
You should consider upgrading via the 'pip install --upgrade pip' command.
 ~ % 

一瞬でダウンロードとインストールが完了し、入力待ち状態になりました。これで完了です。

【Python】pip install requests でエラー pip3 install requests でインストール成功

とりあえず Mac に Python3 のインストールまでは完了

スクレイピングをやってみたいため、requests モジュールをインストールしたい。

環境

OS: macOS Catalina バージョン 10.15.4
Python: Python 3.8.3

「pip install requests」を入力してみる

なるほど、コマンドラインに「pip install requests」と入力すれば良いわけか。コマンドそのまま「requests をインストール」という事ね。

というわけでそのまま Python のシェルで「pip install requests」と入力して Enter。

 % python3
Python 3.8.3 (v3.8.3:6f8c8320e9, May 13 2020, 16:29:34) 
[Clang 6.0 (clang-600.0.57)] on darwin
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> pip install requests

エラー「SyntaxError: invalid syntax」

すると下記の表示が。

>>> pip install requests
  File "<stdin>", line 1
    pip install requests
        ^
SyntaxError: invalid syntax
>>> 

「無効なシンタックス」としてエラーを返されました。なぜ??

調べてみると単純に、pip コマンドは python のシェルで実行するものでなくて、ターミナルを立ち上げた時のデフォルト(?)のコマンドラインで実行するものだと。

>>> pip install requests
  File "<stdin>", line 1
    pip install requests
        ^
SyntaxError: invalid syntax
>>> quit()

なので quit() と入力して一旦 python のシェルから脱出。

そしてpip install requests を再度入力。コレでOK。と思いきや。

エラー「zsh: command not found: pip」

>>> quit()
~ % pip install requests
zsh: command not found: pip

またもやエラー。「pip」というコマンドが見当たりませんと。

なんでや!!!

ということでまた調べたところ、自分は Macbook に python3 インストールして使っているので「pip」ではなく「pip3」を使う必要があったらしい。

「pip3 install requests」でインストール成功

というわけで改めて「pip3 install requests」と入力

そしたらようやく無事にインストール成功しました。

実際に requests モジュールを使ってみる

という事で再度ターミナルで「python3」と入力し Python を立ち上げ、下記を順に入力。

>>> import requests
>>> r = requests.get('http://yahoo.com/')
>>> r.text

そしてエンター!

>>> import requests
>>> r = requests.get('http://yahoo.com/')
>>> r.text
'<!DOCTYPE html>\n<html id="atomic" lang="en-US" class="atomic   l-out Pos-r https fp fp-v2 fp-default mini-uh-on uh-topbar-on ltr desktop Desktop bkt201">\n<head>\n    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">\n    \n    <title>Yahoo</title><meta http-equiv="x-dns-prefetch-control" content="on"><link rel="dns-prefetch" href="//s.yimg.com"><link rel="preconnect" href="//s.yimg.com">

とりあえずヤフーのソースコードがドバドバッと表示されたので、無事 requests モジュールを使える状態となりました!

【Python】Macbook に Python3 をインストールする方法

Macbook に入っていた Python がすでにサポート対象外となっている Python2 系だったので、Python3 系をインストールしたいと思います。

  1. Python3 インストール用ファイルのダウンロード
  2. Python3 のインストール
  3. 証明書のインストール
  4. 動作確認

1. Python3 インストール用ファイルのダウンロード

Python のダウンロードページへアクセスし、ダウンロードリンクをクリック。

2. Python3 のインストール

ダウンロードしたファイルをクリックするとインストーラが起動します。基本的には「続ける」をクリックしていけば問題ありません。

Python のインストール先を指定します。

「インストール」をクリック

無事インストールが完了しました。

今回インストールされたのは Python 3.8。

3. 証明書のインストール

Python フォルダ内にある Install Certificates.command をダブルクリックし、証明書をインストールします。

ターミナルが起動し証明書のインストールが始まります。

Last login: Sun May 17 19:09:43 on ttys000
~ % /Applications/Python\ 3.8/Install\ Certificates.command ; exit;
 -- pip install --upgrade certifi
Collecting certifi
  Downloading https://files.pythonhosted.org/packages/57/2b/26e37a4b034800c960a00c4e1b3d9ca5d7014e983e6e729e33ea2f36426c/certifi-2020.4.5.1-py2.py3-none-any.whl (157kB)
     |████████████████████████████████| 163kB 635kB/s 
Installing collected packages: certifi
Successfully installed certifi-2020.4.5.1
WARNING: You are using pip version 19.2.3, however version 20.1 is available.
You should consider upgrading via the 'pip install --upgrade pip' command.
 -- removing any existing file or link
 -- creating symlink to certifi certificate bundle
 -- setting permissions
 -- update complete

[プロセスが完了しました]

4. 動作確認

ターミナルで「python3」と入力すると Python3 を開始できます。「python」と入力すると mac にデフォルトで入っている旧バージョンの python が起動するので注意してください。

~ % python3
Python 3.8.3 (v3.8.3:6f8c8320e9, May 13 2020, 16:29:34) 
[Clang 6.0 (clang-600.0.57)] on darwin
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> 

試しに「print("hello world")」と入力すると、下記の通り「hello world」と表出されました。

>>> print("hello world")
hello world
>>> 

というわけで、Python3 を使用できる状態となりました!

【ターミナル】Mac のログインシェルを zsh に変える

Macbook Pro でターミナルを開いたら下記のメッセージが表示された。

原文:

The default interactive shell is now zsh.
To update your account to use zsh, please run `chsh -s /bin/zsh`.
For more details, please visit https://support.apple.com/kb/HT208050.

日本語訳:

デフォルトの対話型シェルはzshになりました。
zshを使用する様アカウントを更新するには、 `chsh -s /bin/zsh`を実行してください。
詳細については、https://support.apple.com/kb/HT208050をご覧ください。

つまりどういうこと?

どうやら Mac OS Mojave まではターミナルにログインした時にデフォルトで bash というシェルが使われていたのが、今度から zsh になったのであなたのコンピュータでもそうしませんかということらしい。

シェルとは

シェルとは、ユーザーが入力したコマンドをコンピュータに伝え、OSがそれを実行するプログラム。sh、csh、bash、fish、今回変更を促されている zsh など色々の種類がある。

Apple サポートによると、zsh は sh との互換性が高く、bash とも若干の違いはあるものの、互換性があると言って差し支えないとのこと。まあ、zsh にして問題ないということかな。

chsh -s /bin/zsh の意味

冒頭のメッセージに「chsh -s /bin/zsh」を実行する様書いてあるが、どういう意味なのか。

  • chsh:ユーザーのログイン shell の属性を変える。ログインシェル(ログインして最初に動き出すシェル)を変更する時に使う。
  • -s /bin/zsh:シェルを /bin/zsh に指定する。

つまりそのまま、『ログインシェルを「/bin/zsh」に変更する』という事らしい。

「システム環境設定」から設定する方法

下記のApple 公式サポートページで「デフォルトシェルを変更する方法」の部分を見ると、システム環境設定から変更する方法コマンドラインから変更する方法の両方の記載があります。

zsh を Mac のデフォルトシェルとして使う」(冒頭のメッセージに記載の URL の日本語版)

私の様な初心者にはシステム環境設定の画面の方がなんとなく安心感があるのでこっちの方法で変更しました。

公式サポートの画像の通り「ログインシェル」の部分を「/bin/zsh」に変えたところ、ターミナルを開いても冒頭のメッセージが表示されなくなりました。場合によっては再起動が必要かもしれません。

【WordPress】ショートコードの表示・非表示を一発で切り替えたい

使用していたショートコードの処理結果を記事上で非表示にしたい場合、一番基本的なやり方は投稿の編集画面でショートコードの […] の部分を削除する方法。

ただ、複数のページで使用しているショートコードを全て非表示にしたい場合等では、一つ一つのコードを全記事で削除していくわけにはいきません。

関数のコメントアウトでは非表示にはならない

(通常)function.php に記載しているショートコードの関数をいじれば一括で管理できますが、関数部分を丸ごとコメントアウトして関数の呼び出しを無効化すると、記事上にshortcodeが残ってしまいます。

上の画像の様にショートコード関連のコード全体をコメントアウトすると確かに処理は行われませんが下の画像の様、投稿の編集画面で記載している hello shortcode が表出されてしまいます。

ショートコードの関数から null を返せばOK

ではどうすれば良いのかですが、ショートコード関数の return 文で null を返してあげると綺麗さっぱり無くなります。

【基本編】元の return 文をコメントアウト + return null; を記述

一番直感的なのは元の return 文をコメントアウトし、新たに「return null;」をそのまま記述してしまう方法。

上記の様に null を返してあげると、記事上でも綺麗さっぱりショートコードが無かったことになります。

【応用編】if 条件で表示・非表示の切り替えをシンプルに

関数のコードが長かったりすると return 文を探すのが大変だったりするので、関数の頭に表示・非表示を切り替えるフラグの様な変数を入れても良いと思います。

上記のコードの場合は、変数 $visible に true を入れれば "hello shortcode" のストリングが返され、false を渡せば null が返されて記事ページ上で非表示となります。

【WordPress】ショートコードの別ファイル管理でリスク低減

ショートコードとは

ショートコードは WordPress の投稿や固定ページに自分で定義した PHP の処理を呼び出せる便利な機能です。

例えば、Wordpress の PHP ファイルで「hello shortcode と表出する」コードを記述し、下記の様に記事編集ページで呼び出します。

すると、実際に公開された記事上では下記の様に表出されます。

hello shortcode


一般的に処理内容は function.php に記述しますが、function.php には他の重要な処理が書かれている為リスクを伴います。より安全で管理もシンプルになる方法がありますので紹介します。

  1. function.php に書き込むリスク
  2. ショートコード用の別ファイルを作成すればOK
    1. ショートコード用 PHP ファイルの作成
    2. function.php の編集
    3. ビフォーアフター
    4. メリットが多い
  3. 注意点

1. function.php に直接追記していくのはリスクが高い

function.php には既に WordPress にとって重要なコードが記述されており、誤った部分を削除、編集してしまったり、追記したコード自体にエラーがあるとサイトが真っ白に表示されてしまったりとリスクを伴います。さらにショートコードが増えてくるとファイルの中身自体が煩雑になりさらにリスクが高くなります。

2. ショートコード用の別ファイルを作成すればOK

もちろんバックアップを取りながら慎重にすすめていくこともできますが、少し煩わしい。そういった場合はショートコード管理専用の別ファイルを作ってしまうことをおすすめします。function.php には一行だけ追記で済み、shortcode自体は別ファイルで管理できます。

具体的な方法

function.php の一番下に include 文で別ファイルのパスを記述しておけば、あとは別ファイルの方で管理したものがそのまま function.php に読み込まれるようになります。簡単にいうと、shortcode.php の内容も function.php の一部として認識される感じです。

  1. ショートコード用 PHP ファイルの作成
  2. function.php の編集
  3. ビフォーアフター
  4. メリットが多い

1. ショートコード用 PHP ファイルの作成

まず、ショートコード用に新規の php ファイルを作成し、その中にショートコードの内容を記載します。この場では shortcode.php としましたが、ファイル名に特に決まりはありません。

2. function.php の編集

そして、function.php には下記の様に include 分で先ほど作ったショートコード用ファイルのパスを記述します。

この方法でコードを編集すると、下記のような状態になります。

3. ビフォーアフター

変更前

function.php の中にショートコード関連の定義が記載されています。

変更後

ショートコード関連のサイトのコードを別ファイルにまとめる事で、根幹を担う function.php への変更は最低限に留め、ショートコードの管理も専用ファイルでよりシンプルに行うことができます。

4. メリットが多い

こうしておくと、WordPress テーマを変えたりした時も新しい function.php に include 分の一行を書くだけで済むので管理が断然楽になります。

3. リスクが完全に無くなるわけではない

別ファイルに分けると function.php 上でエラーを起こすリスクは下げられますが、ショートコード用ファイルで間違ったコードを書いてしまうとやはりサイト自体に影響が出てしまいます。

よりリスクを減らすために

そんな時すぐさま問題を解決出来れば良いのですが、とりあえず function.php の include 文を一旦コメントアウトしてしまうのも一つの方法です。

そうするとショートコードは機能していない状態になりますが、すぐに問題の影響を断ち切ることができます。サイトを稼働させながらショートコード用ファイルの方でじっくり分析、修正を行った後で include 文のコメントアウトを外せば、影響を少なく抑えることができます。