【Django】Nginx + Gunicorn でサブドメインを設定する方法

「example.com」というドメイン名ですでに運用しているところに追加で「sub.example.com」も使いたいという想定で書きます。

また、Django の処理には Gunicorn を使っています。

ネームサーバーでサブドメインの設定をする

ネームサーバーでサブドメインを登録します。

さくらインターネットを使っている場合は会員メニュー > ドメイン > ゾーン表示の画面で登録できます。

フィールド
エントリ名sub
種別別名 (CNAME)
@
DNSチェックする
TTLの設定なし

サブドメイン用のディレクトリを作る

任意の場所にサイトをホストするためのディレクトリを作成します。

例えば「example.com」というディレクトリの配下にさらにサブドメイン用に「sub」ディレクトリ、その配下に「html」と作る場合は下記の様な形。

$ cd var/www/example.com
$ mkdir sub
$ cd sub
$ mkdir html

ディレクトリの管理者を変更します。

$ sudo chown -R $USER:$USER /var/www/example.com/sub/html/

注意

一度上記の管理者の変更を飛ばした際、後で Django の「python manage.py startapp アプリ名」を実行した時に「ImportError: Couldn't import Django. Are you sure it's installed and available on your PYTHONPATH environment variable? Did you forget to activate a virtual environment?」というエラーが出ました。

「pip install django」を実行した際に django モジュールが仮想環境内に上手くインストールされなかったことが原因です。

仮想環境と Django プロジェクトを作成する

Python の仮想環境を作成、起動します。

$ cd var/www/example.com/sub/html/
$ python3.9 -m venv dj_proj_venv
$ cd dj_proj_venv
$ source bin/activate

Django を pip install し、プロジェクトとアプリケーションを作成します。

(dj_proj_venv) $ pip install django
(dj_proj_venv) $ django-admin startproject dj_proj
(dj_proj_venv) $ cd dj_proj
(dj_proj_venv) $ python manage.py startapp dj_app

settings.py の INSTALLED_APPS にアプリケーションを追記します。

INSTALLED_APPS = [
    'django.contrib.admin',
    'django.contrib.auth',
    'django.contrib.contenttypes',
    'django.contrib.sessions',
    'django.contrib.messages',
    'django.contrib.staticfiles',

    'dj_app.apps.DjAppConfig', # 追記分
]

settings.py の ALLOWED_HOSTS にサブドメインを含むのを追加します。

ALLOWED_HOSTS = ['sub.example.com']

Gunicorn を設定する

Gunicorn をインストールします。

$ pip install gunicorn

.socket ファイルの作成

# example_sub.socket
[Unit]
Description=gunicorn socket
[Socket]
ListenStream=/run/example_sub.sock
[Install]
WantedBy=sockets.target
項目メモ
Descriptionログ出力の際などに使われる
ListenStreamポートの指定。Nginx 設定ファイルの pass_proxy で指定
WantedBysockets.target

.service ファイルの作成

# example_sub.service
[Unit]
Description=gunicorn daemon
Requires=example_sub.socket
After=network.target
[Service]
User=root
Group=root
WorkingDirectory=/var/www/example.com/sub/html/dj_proj_venv/dj_proj
ExecStart=/var/www/example.com/sub/html/dj_proj_venv/bin/gunicorn --workers 3 --bind unix:/run/sample_django.sock dj_proj.wsgi:application
[Install]
WantedBy=multi-user.target
項目メモ
Descriptionログ出力の際などに使われる
Requires対応する .socket ファイル
After
User
Group
WorkingDirectorymanage.py があるディレクトリのフルパス?
ExecStartsystemctl start した時に実行するコマンド。
.sock と wsgi を bind。
venv 内の gunicorn のフルパス(?)を指定
WantedBy大抵 multi-user.target で大丈夫

socket の待ち受けを開始します。

$ systemctl start example_sub.socket
$ systemctl start example_sub.service

Nginx の設定ファイルにサブドメインの処理を追記する

「sub.example.com」と「example.com」の処理が記述されています。

server {
        listen 80;
        listen [::]:80;

        server_name sub.example.com;

        root /var/www/example.com/sub/html;
        index index.html;

        location / {
                proxy_set_header Host $http_host;
                proxy_set_header X-Forwarder-For $proxy_add_x_forwarded_for;
                proxy_set_header X-Forwarded-Proto $scheme;
                proxy_pass http://unix:/run/example_sub.sock;
        }

        location /static {
                alias /var/www/example.com/sub/html/static;
        }

}

server {
        listen 80;
        listen [::]:80;

        server_name example.com;

        root /var/www/example.com/html;
        index index.html;

        location / {
                proxy_set_header Host $http_host;
                proxy_set_header X-Forwarder-For $proxy_add_x_forwarded_for;
                proxy_set_header X-Forwarded-Proto $scheme;
                proxy_pass http://unix:/run/example.sock;
        }

        location /static {
                alias /var/www/example.com/html/static;
        }

}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です