Django のフォームで投稿した内容を Postfix でメール送信する方法

Django で作ったサイトのフォームで受け付けた情報を自分の Gmail アカウントへ送信する様に設定します。受信については特に考慮していません。

サーバーの OS は Ubuntu 20.04 となっています。

Postfix の設定

コマンド「sudo apt install postfix」を実行し、Postfix をインストールします。

すると下記の様な画面が表示されます。

「General type of mail configuration」の文言の後にいくつか選択肢が表示されますが、No configuration を選択します。

/etc/postfix/main.cfの編集

インストールが完了したらコマンド「sudo cp /usr/share/postfix/main.cf.debian /etc/postfix/main.cf」を実行し、postconf コマンドで main.cf ファイルを編集していきます。hostname、mydomain、myorigin の3つを確認、設定します。

hostname の設定

DNS の MX レコードで指定されているホスト名を指定します。

$ sudo postconf -e "myhostname = mail.example.com"

コマンド「vi /etc/postfix/main.cf」で main.cf を確認すると「myhostname = mail.example.com」が追記されているはずです。

mydomain の設定

mydomain は hostname の値によって自動的に決まります。コマンド「postconf mydomain」を実行して確認できます。hostname からサブドメインが除外された値になっているはずです。

$ postconf mydomain
mydomain = example.com

もし上記の様な値が返ってこない場合はコマンド「sudo postconf -e "mydomain = example.com"」で明示的に main.cf に設定します。

myorigin の設定

myorigin は デフォルトでは $myhostname を参照しています。

$ postconf myorigin
myorigin = $myhostname

代わりに $mydomain を参照する様変更する必要があります。

コマンド「sudo postconf -e "myorigin = $mydomain"」だとなぜかうまく反映されなかったので「sudo vi /etc/postfix/main.cf」でファイルを開いて直接「myorigin = $mydomain」を記述しました。

$ postconf myorigin
myorigin = $mydomain

Postfix の再起動

コマンド「sudo systemctl restart postfix.service」で Postfix を再起動します。

$ sudo systemctl restart postfix.service
$ 

main.cf には下記の2行が追記されていれば Postfix の設定は完了です。

myhostname = mail.example.com
myorigin = $mydomain

Django の settings.py の編集

Django プロジェクトの settings.py に下記を設定します。

EMAIL_BACKEND = 'django.core.mail.backends.smtp.EmailBackend'
EMAIL_HOST = 'localhost'
EMAIL_PORT = 25
EMAIL_HOST_USER = ''
EMAIL_HOST_PASSWORD = ''
EMAIL_USE_TLS = False
DEFAULT_FROM_EMAIL = 'Sender <admin@example.com>'

動作確認

Django サイトのフォームで試しに投稿したところ、一応指定した G メールアカウントには届きました。

この時点で一応最低限の目的は達成されましたが、メールの暗号化とメールの認証について気になったので下記にまとめます。

メールの暗号化

Postfix で Gmail アカウント宛に送信したメールの詳細を見てみると「このメールは sakura.ne.jp で暗号化されませんでした」と表示があります。

これを解決するには、送信先がTLS(Transport Layer Security)に対応する場合はTLSで暗号化して送信する設定を Postfix 側で適用する必要があります。

下記のコマンドで main.cf に「smtp_tls_security_level = may」と追記し、 Postfix を再起動します。

$ sudo postconf -e "smtp_tls_security_level = may"
$ sudo systemctl restart postfix.service
$ 

再度メールを送って同じ部分を確認してみると「標準的な暗号化(TLS)」という表示に変わりました。

これでメールの暗号化は完了です。

メールの認証

Gメールで受信したメールの送信者のアイコンにカーソルを合わせると「Gメールでは、このメールが(スパム発信者からではなく)本当に example.com から送信されたメールであることを確認できませんでした。」という文言も表示されます。

この点に関しては手間がかかりそうな気がするので追々対応した際に追記します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です