ローカルで作成した Django アプリケーションを Ubuntu の本番環境へ反映する

Mac のローカル環境で作成した Django プロジェクトをさくらの VPS で用意した Ubuntu 環境へ反映する際の流れをメモしています。

下記が完了していることを想定しています。

  • Web サーバーの設定が完了済み(筆者は Nginx を使用)
  • 仮想環境を作るディレクトリが決めてある
  1. データベースを本番環境にコピーする
    • ローカル環境での作業
    • 本番環境での作業
  2. ローカル環境のパッケージを本番環境で再現
    • requirements.txt の作成
    • requirements.txt を本番環境へコピー
    • 本番環境で Python 仮想環境を作成
    • requirements.txt によるパッケージインストール
  3. settings.py の編集
    • ファイルを分割する必要性
    • 開発環境の runserver 実行時に settings_dev.py を指定
    • settings.py(本番環境用)の編集
  4. Django ソースコードを本番環境に配置
    • 本番環境への git のインストール
    • リモートリポジトリから本番環境へファイルをコピー
  5. gunicorn のインストール
  6. データベースのログイン情報をサーバーの環境変数に記述
  7. 静的ファイルの配置

1. データベースを本番環境にコピーする

検証環境で準備したデータベース、テーブル、そしてデータを本番環境でも反映します。

ここはうまくやれば一行スクリプト書いて終了する方法もある様ですが、色々とエラーが出て逆にめんどくさそうだったのでステップバイステップでやっていきます。

ローカル環境での作業

まずローカル環境でコマンド「mysqldump データベース名 > dump.txt」を実行し、dump ファイルを作成します。

% mysqldump graffuhs > dump.txt                                                              
%

それを FTP か何かで本番環境へアップロードします。

本番環境での作業

本番環境に接続し、本番環境の MySQL でデータベースを作成します。

mysql> create database データベース名;

そしてコマンド「sudo mysql データベース名 < dump.txt」を実行します。

$ sudo mysql データベース名 < dump.txt
$

これで本番環境の MySQL にもローカル環境と同じデータベース、テーブル、そしてデータがコピーされました。

2. ローカル環境のパッケージを本番環境で再現

ローカル環境の Python 関連パッケージを本番環境でも再現するため、ローカル環境で requirements.txt ファイルを作成し、それを元に本番環境でパッケージインストールをさせます。

requirements.txt の作成

ローカル環境の Python 仮想環境へ移り、コマンド「pip freeze > requirements.txt」を実行します。

% pip freeze > requirements.txt

requirements.txt を本番環境へコピー

コマンド「scp requirements.txt 本番環境のユーザー名@本番環境のホスト名(もしくは IP アドレス):保存先のディレクトリ」を実行します。

だいぶ長いですが下記の例だとすると。。。

  • 本番環境のユーザー名: vpsadmin
  • 本番環境のホスト名: xx1-234-56789.vs.sakura.ne.jp
  • 保存先のディレクトリ: /var/www/example.com/html

下記の様になります。

scp requirements.txt vpsadmin@xx1-234-56789.vs.sakura.ne.jp:/var/www/example.com/html

無事本番環境に requirements.txt がコピーされました。

$ ls
requirements.txt

本番環境で Python 仮想環境を作成

本番環境のディレクトリへ移動し、Python の仮想環境を作成します。

$ python3.9 -m venv pythonvenv
$ ls
pythonvenv  requirements.txt

requirements.txt によるパッケージインストール

本番環境の Python 仮想環境に入った状態で、コマンド「pip install -r requirements.txt」を実行します。

(pythonvenv) $ pip install -r requirements.txt

すると requirements.txt の内容を元に Django を含めローカル環境で使っていたものと同じパッケージがインストールされます。

3. settings.py の編集

ファイルを分割する必要性

settings.py は本番環境と開発環境で内容が異なる部分が出てくるので、下記の様にファイルを分ける必要があります。(ファイル名は任意)

  • settings_common.py:開発環境と本番環境で共通の部分を記述
  • settings.py:本番環境でのみ適用する部分を記述
  • settings_dev.py:開発環境でのみ適用する部分を記述

settings.py と settings_dev.py それぞれに「from .settings_common import *」と記述し、共通部分を settings_common.py から読み込む様設定します。

開発環境の runserver 実行時に settings_dev.py を指定

runserver 実行時、デフォルトでは settings.py が設定ファイルとして読み込まれますが、今後開発環境(ローカル環境)では settings_dev.py を使う必要があります。

そのため、今後開発環境で runserver を実行する際は settings_dev.py を「runserver --settings=プロジェクトディレクトリ名.settings_dev」の形式で渡して実行します。

(inmybag) % python manage.py runserver --settings=some_project.settings_dev

settings.py(本番環境用)の編集

DEBUG の変更

False に変更

DEBUG = False

ALLOWED_HOSTS の変更

ドメイン名を設定。

ALLOWED_HOSTS = ['example.com']

Web サーバーで www.example.com から example.com のリダイレクトを行っていれば example.com のみを設定するだけで大丈夫。

静的ファイルの本番環境での配置場所

STATIC_ROOT = '/var/www/examlpe.com/html/static'

4. Django ソースコードを本番環境に配置

本番環境への git のインストール

本番環境でコマンド「sudo apt update」を実行しパッケージリストを更新、その後「sudo apt install git」で git をインストールします。

$ sudo apt update
$ sudo apt install git
Reading package lists... Done
Building dependency tree       
Reading state information... Done
git is already the newest version (1:2.25.1-1ubuntu3.1).
git set to manually installed.
0 upgraded, 0 newly installed, 0 to remove and 18 not upgraded.

リモートリポジトリから本番環境へファイルをコピー

プロジェクトフォルダをリポジトリに設定しているので、プロジェクトフォルダを配置したい場所へ移動した上で git clone を実行します。

$ git clone https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名.git

これで本番環境にもプロジェクトフォルダがコピーされました。

ローカル環境からリモートリポジトリへファイルを反映させる方法はこちら↓

https://notemite.com/programming/github-local-to-remote

5. gunicorn のインストール

本番環境でのみ必要となるものとして、アプリケーションサーバーがあります。今回は gunicorn を使います。

Python 仮想環境内でアプリケーションサーバーの gunicorn をインストールします。

(pythonvenv) $ pip install gunicorn

socket の待ち受けを開始します。

(pythonvenv) $ systemctl start example_sub.socket
(pythonvenv) $ systemctl start example_sub.service

今後作業する際は何かにつけて「pkill gunicorn」で gunicorn を終わらせた方が良いです。エラーが起きた時にいくらコードを修正しても治らないまま数時間経って、「pkill gunicorn」一発で治ったこともありました。

6. データベースのログイン情報をサーバーの環境変数に記述

MySQL のデータベースを使用していて、settings.py ではユーザー名とパスワードを環境変数から取る様に設定しています。

DATABASES = {
    'default': {
        'ENGINE': 'django.db.backends.mysql',
        'NAME': 'データベース名',
        'USER': os.environ.get('DB_USER'),
        'PASSWORD': os.environ.get('DB_PASSWORD'),
        'HOST': '',
        'PORT': '',
    }
}

そのため、サーバーの環境変数として記述します。ホームディレクトリの .bashrc ファイルの最下部に下記を追加しました。

export DB_USER='ユーザー名'
export DB_PASSWORD='パスワード'

7. 静的ファイルの配置

コマンド「python manage.py collectstatic」を実行し、settings.py で STATIC_ROOT に設定したパスに静的ファイルを集約します。

$ python manage.py collectstatic

これでとりあえず本番環境でも動くと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です