Python 仮想環境に Django プロジェクトと Django アプリケーションを作成する

  1. Django プロジェクトの作成
  2. Django アプリケーションの作成
  3. アプリケーションをプロジェクトに登録

Django プロジェクトの作成

仮想環境に入った状態で下記を実行します。今回例として仮想環境内に「Django_Project」フォルダを作ったのでその中に「sample_django_project」という名前の Django プロジェクトを作成します。

(sample_venv) % cd Django_Project
(sample_venv) Django_Project % django-admin startproject sample_django_project

すると下記の様に「Django_Project」フォルダの配下に「sample_django_project」フォルダとファイルが一式作成されます。

Django アプリケーションの作成

上の画像「manage.py」がある階層へ移動します。

(sample_venv) % cd sample_django_project

そして下記を実行して「sample_django_app」という名前で Django アプリケーションを作成します。

(sample_venv) sample_django_project % python manage.py startapp sample_django_app

すると、「sample_django_project」というプロジェクトの配下に「sample_django_app」が作成されました。

アプリケーションをプロジェクトに登録

アプリケーションフォルダの apps.py を開くと下記の通り「SampleDjangoAppConfig」というクラスがあるので、これをプロジェクトの settings.py に登録します。

from django.apps import AppConfig


class SampleDjangoAppConfig(AppConfig):
    name = 'sample_django_app'

settings.py の INSTALLED_APPS のリストに下記の通り「アプリケーション名.apps.クラス名」の形で追記します。

INSTALLED_APPS = [
    'django.contrib.admin',
    'django.contrib.auth',
    'django.contrib.contenttypes',
    'django.contrib.sessions',
    'django.contrib.messages',
    'django.contrib.staticfiles',

    'sample_django_app.apps.SampleDjangoAppConfig'
]

これで Django プロジェクトと Django アプリケーションの作成は完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です